ドラッカー今日の一言

知りながら害をなすな

プロフェッショナルの責任は、 すでに2500年前、 ギリシャの名医ヒポクラテスの誓いの中に、 はっきりと表現されている。 「知りながら害をなすな」である。 プロたる者は、医者、弁護士、マネージャーのいずれであろうと、 顧 … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

ボランティアの動機づけが必要

  動機づけ、特に知識労働者の動機づけは、 ボランティアの動機づけと同じである。 ボランティアはまさに報酬を手にしないがゆえに、 仕事そのものから満足を得なければならない。 何よりも挑戦の機会を与えられなければ … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

哲学と世界観が変化する

今起こっていることは、単なる経済の変化ではない。 技術の変化でもない。 人口構造の変化であり、 政治の変化であり、 社会の変化である。 哲学の変化であり、何にもまして世界観の変化である。 【明日を支配するもの】 &nbs … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

組織の生存を確実にせよ

マネジメントにとって最大の責任は、 組織の生存を確実にすることである。 組織の構造を健全かつ堅固にし、 打撃に耐えられるようにすることである。 急激な変化に適応し、機会をとらえることである。 【乱気流時代の経営】 &nb … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

能力が人を変える

  自らの成長のために最も優先すべきは、 卓越性の追求である。 そこから充実と自信が生まれる。 能力は仕事の質を変えるだけではなく、 人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味を持つ。 【非営利組織の経営】 &n … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

経営の哲学 マネジメントの三つの役割

  マネジメントには、自らの組織をして機能させ、 社会に貢献させるうえで三つの役割がある。 第一に、見らの組織に特有の使命を果たす。 第二に、仕事を通じて働く人達を生かす。 第三に、自らが社会に与える影響を処理 … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

変革の哲学 突然の構造変化が続く

  意味ある知識の内容と性格が不断に変化していくがゆえに、 世界経済そのものが、突然の構造変化を続けていく。 当然、企業とマネジメントのあり方も、急速に変化していく。 【経営論集】

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

仕事の哲学 人は何かを成し遂げたがる

  人は精神的、心理的に働くことが必要だから働くだけではない。 人は何かを、しかもかなり多くの何かを成し遂げたがる。 自らの得意なことにおいて、何かを成し遂げたがる。 能力が働く意欲の基礎となる。 【現代の経営 … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

変革の哲学  ~今日の当然が明日の不条理となる~

  組織は、絶えざる変化を求めて組織されなければならない。 組織の機能とは、知識を適用することである。 道具や製品やプロセスに対し、 仕事の設計に対し、 あるいは知識そのものに対し、知識を適用することである。 … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |

経営の哲学  ~組織の存在意義~

  企業をはじめとするあらゆる組織が社会の機関である。 組織が存在するのは組織自身のためではない。 自らの機能を果たすことによって、 社会、コミュニティ、個人のニーズを満たすためである。 組織とは、目的ではなく … 続きを読む

カテゴリー: ドラッカー今日の一言 |